初代タイガーマスク
リアルジャパンプロレス旗揚げ戦
税込5,184円(本体価格4,800円)■100分■品番VADT-2
2005年10月28日発売
佐山聡 格闘技人生30年。
様々な格闘遍歴の末、原点回帰を果たした初代タイガーマスクが、遂にプロレス復権に向けて動き出す。
以下は佐山聡のHPに載っていた旗揚げに向けての挨拶文です。
「導き無き空洞化を経て、新しい日本を唱え、あまりにも物質主義に走ってしまった我々。
導きとは文化という普遍的規範を備えた核です。
私達は真の日本を目指すべく、プロレスの世界に文化を構築するため、退化したDNAを拾い上げ、一から真のプロレス文化を復活させようとするものです。
リアルジャパンでは子供達からその文化を育てるため、定期戦以外にも彼らを優遇した試合を開催して行きたいと思います。
また真陰流は精神を徹底的に追求した佐山集大成の武道です。
礼儀、礼節を義に取り込み、義を興すための伝道的導きをかける、日本屈指の精神復活核爆頭であるのです。
六月九日はいよいよ、プロレスと精神のコラボレーションによって、文化を復活させるスタート日です」


〈収録試合〉
2005年6月9日 後楽園ホール
※全試合ノーカット収録

●第1試合
〈佐山聡指名試合〉20分1本勝負
ラッセ(みちのくプロレス)vs景虎(みちのくプロレス)

自衛隊による徒手格闘演舞

瓜田幸造による清めの儀式

●第2試合
〈掣圏真陰流トーナメント準決勝〉3分2ラウンド
細江俊裕 (截空道)vs滝沢充 (スーパータイガージム群馬)

●第3試合
〈掣圏真陰流トーナメント準決勝〉3分2ラウンド
斉田亮平(掣圏会館本部)vs崎浜秀剛(截空道)

●第4試合
〈タッグマッチ〉30分1本勝負
アレクサンダー大塚(AO/DC)&佐藤恵(みちのくプロレス)vs折原昌夫&タナカジュンジ

桜木裕司による掣圏真陰流型演舞

●第5試合
〈掣圏真陰流トーナメント 決勝戦〉3分3ラウンド
第2試合の勝者vs第3試合の勝者

●第6試合
〈6人タッグマッチ〉45分1本勝負
南野たけし(闘龍門)&マンゴー福田&パイナップル華井(闘龍門)vs2代目ザ・タイガー&石森太二&佐藤秀(闘龍門)

●第7試合
〈シングルマッチ〉61分1本勝負
大谷晋二郎(ZERO1-MAX)vsスーパータイガー