デビュー40周年記念オフィシャルドキュメンタリー
最後の飛龍 藤波辰爾
税込4,320円(本体価格4,000円)■136分
2012年12月28日発売
今なお現役でリングに立ち続ける、生きる伝説・藤波辰爾の全てが凝縮された唯一のオフィシャルドキュメンタリー作品。
猪木、長州、初代タイガーマスク、藤原、前田、蝶野・・・もう二度と揃うことはないと言われたプロレス黄金期のオールスターズが藤波の元に再集結。
“金曜 8時の奇跡”が実現した2012年4月20日のデビュー40周年記念大会を舞台に、今だからこそ話すことが許された真実の数々を、時代の証言者達が、そし て藤波本人が語り尽くす。


〈収録内容〉

●闘い続けた40年の歴史
16歳の少年は、ただ強さに憧れ、頂点を目指した。

日本初のテレビ放送が始まった1953年、藤波は大分県東国東郡武蔵町に生を受けた。

戦後復興の象徴と称された日本プロレス界の父・力道山の奮闘をテレビで目の当たりにした藤波は、その愛弟子アントニオ猪木に憧れプロレスラーを志す。
この時、体が細くて練習生扱いさえしてもらえなかった16歳の少年が、やがて世界の頂点に君臨するスーパースターとなることを誰が予想しただろうか。

師・猪木の新日本プロレス旗揚げ、無我夢中だった毎日。
念願の海外遠征、そして凱旋帰国後のドラゴンブーム。
宿命のライバル長州力の出現、終わることなき名勝負数え唄。
猪木越えの野望と葛藤、愛するが故の飛龍革命。
満身創痍の無期限欠場、自殺をも考えた地獄のリハビリ期間。

新日本プロレス社長就任、その重責と軋轢。そして決別、理想を追い求めての独立。
…栄光と苦悩に満ちた激動の40年を、藤波本人が独白する唯一の公式ドキュメンタリーが、ここに誕生した。

●今だからこそ話せる真実
証言者たちが語る、藤波辰爾の真の姿とは。

藤波辰爾を語ることは、すなわち日本プロレス史を語ることに他ならない。

藤波のプロレス入門のきっかけとなった恩人・北原幹之。

噛ませ犬発言から抗争勃発30周年、革命戦士・長州力

藤波なき後のジュニアヘビー級最大のヒーロー・初代タイガーマスク

打倒藤波に燃えた執念のイナズマ・木村健吾

冬の札幌に躍り出た昭和のテロリスト・藤原喜明

七色のスープレックスを持つ孤高の格闘王・前田日明

闘魂伝承の第三世代・黒のカリスマ・蝶野正洋

藤波の付き人を務めたミスターセントーン・ヒロ斉藤

最も藤波の名をコールした男・リングアナ・田中ケロ

藤波を支え続けた最愛の妻・伽織と飛龍の遺伝子を受け継ぐ長男・怜於南

そして藤波が追い続けた最強にして最大のカリスマ・燃える闘魂・アントニオ猪木…

藤波辰爾デビュー40周年記念大会に実現した金曜8時の奇跡、プロレス黄金期を彩ったオールスターズへの独占インタビューから、藤波辰爾と日本プロレス史の全貌が紐解かれてゆく。

ナレーション
津嘉山正種