プロレス名勝負コレクション vol.9
天龍vs武藤 頂上決戦
本体税込4,860円(本体価格4,500円) ■90分■品番SPD-1429
2014年1月20日発売
1994.1.4 新日本東京ドーム大会でアントニオ猪木から3カウントのピンフォール勝ちを収めた天龍。これはジャイアント馬場、アントニオ猪木という日本プロレス史を作って来た両巨頭からフォールを奪うという、史上初の快挙であった。ようやく頂点に立った天龍だったが、その足元には次世代のトップを目指す猛者たちが押し寄せていた。蝶野、橋本との激突で高い壁となってたちはだかっていた天龍に対し、かねてから対戦を熱望していた武藤敬司が満を持して挑戦!これは、天才・武藤敬司の成長を知る上でも、見逃すことのできない一戦である。

〈収録試合〉1994.1.5 大阪府立体育会館
UWA世界ミドル級選手権試合 ウルティモ・ドラゴンvs維新力、ミル・マスカラスvsピエロー・ジュニア、安良岡裕二vs高岩竜一、栗栖正伸vs来原圭吾、折原昌夫vsノーマン・スマイリー、平井伸和vsザ・グレート・カブキ、阿修羅・原&冬木弘道vs越中詩郎&後藤達俊、天龍源一郎&北原光輝vs武藤敬司&エル・サムライ