天龍源一郎クロニクル
1976〜1981 アメリカ武者修行篇
税込6,048円(本体価格5,600円)■217分■品番SPD-1338
2013年12月20日発売
プロレスラー天龍源一郎の誕生と覚醒 若き苦悩の日々を激白!
ミスタープロレス天龍源一郎が、流智美を相手に語り尽くした2時間半にわたロングインタビュー。
大相撲からプロレスへの転向、アマリロでの修行、日本凱旋、そしてそれから数年間に及んだアメリカ武者修行と、ロビンソンと組み馬場&鶴田組と戦った伝説の一戦の背景まで。初めて明かす数々の逸話をたっぷりと収録。
さらに発掘されたアメリカ修行時代の貴重な試合映像と、DVD初収録の特典映像。
天龍フリークのみならず、全プロレスファン必見の1枚

[ロングインタビュー]
「雌伏の時/知られざるアメリカ修行時代の秘話」(聞き手:流智美)

●1976年9月
〜大相撲からプロレスへ転向〜ハワイ

●1976年10月〜1977年6月
アマリロ

●1977年3月
グリーンズボロ 日本テレビ初登場

●1977年6月
凱旋 日本デビュー

●1978年
2月〜7月東南アジア遠征
8月〜10月 サンフランシスコ地区

●1978年11月〜1979年4月
フロリダ地区

●1979年4月〜9月
ジョージア地区 (1回目)

●1980年2月〜6月
ジョージア地区 (2回目)

●1980年7月〜1981年6月
ミッドアトランティック地区〜帰国

(天龍が思い出を語った主要な対戦相手)
ドリー・ファンク・ジュニア、テッド・デビアス、ディック・スレーター、テリー・ファンク、リッキー・ロメロ、スエード・ハンセン、パット・オコーナー、ハーリー・レイス、キング・イアウケア、マーク・ルーイン、ジミー・スヌーカ、レッド・バスチェン、ディーン・ホー、エド・ウィスコスキー、ネイチュアボーイ・バディ・ロジャース、ブリスコ兄弟、キラー・カール・コックス、デウィ・ロバートソン、ミスター・フジ、リック・フレアー、イワン・コロフ、オレイ・アンダーソン、デビッド・サンマルチノ、プリンス・トンガ、トミー・リッチ、トニー・アトラス

[発掘秘蔵映像]

●1978.9.16 サンフランシスコ(12分)
天龍源一郎&石川孝志vsバディ・ローズ&エド・ウィスコスキー

天龍のアメリカ武者修行時代(サンフランシスコ地区)に残された唯一の貴重な試合フィルム(28歳)。
会場はサクラメントにあったテレビ収録専用スタジオ。
1978年9月16日、石川とタッグを組み、当時、同地区でトップだったイージー・エド・ウィスコスキー(1977年に一度だけ来日し、タッグで馬場からピンフォールを奪取)とプレイボーイ・バディ・ローズとのコンビと対戦したときのもの。

同地区はロイ・シャイアがプロモーターで、その下のブッカーはレッド・バスチェン(試合に覆面のテキサス・レッドとして乱入)が仕切っていた。
天龍はサイド・スープレックスや突っ張りを主武器とし、躍動感あふれるドロップキックも披露している。

[DVD初収録特典映像]

●1995.7.28 後楽園ホール
1vs3ハンディーキャップマッチ
天龍源一郎vs冬木弘道&邪道&外道

●1995.8.27 後楽園ホール
天龍&北原&太刀光&平井vsターザン後藤&ビッグ・タイトン&ドクター・ルー
サ&ミスター雁之助

●1995.11.21 後楽園ホール
天龍源一郎vs仲野信市

●1996.1.23 後楽園ホール
天龍源一郎vs仲野信市