プロレス・スーパースター列伝
スティーブ・カーン&カール・フォン・ヘス
税込5,184円(本体価格4,800円)■105分■品番SPD-1516
2011年6月18日発売

プロレスの歴史を作って来たスーパースターたち
往年の勇士と現在の素顔を追った感動のドキュメント

※この作品は、1997年よりサムライTVにて放送された番組をDVD化したものです。 紹介されている選手の年齢、肩書き、団体名等は、当時のものですので、ご了承下さい。


〈収録選手〉

●スティーブ・カーン
驚異!ワニの皮剥ぎ人

スタン・レーンとのタッグチーム“ファビュラス・ワンズ”で80年代のアメリカマットを席巻、90年代には“スキナー”としてWWEマットで活躍したスティーブ・カーン。

出身地である地元フロリダでデビューしたカーンは1979年12月、チャボ・ゲレロを破りNWA世界.Jrヘビー級王者となる。
翌年、新日本プロレスマットで藤波辰巳の持つWWF.Jrヘビー級王座とのダブルタイトルマッチに破れタイトルを失うが、その後はジョージアやテネシー地区で様々な地区タイトルを獲得。キャリアを磨いた。

1982年、スタン・レーンと組みファビュラス・ワンズを結成。
派手なコスチュームとスピード感溢れるファイトスタイルで人気を集め、アイドル系タッグチームの先駆けとしてロックンロールエクスプレスなど多くのタッグチームに影響を与えた。
1991年、WWFマットに登場。ワニの密猟者をギミックに“スキナー”のリングネームで活躍した。

2004年に引退。以後はプロレスラー養成所を開校して新人レスラーの育成を行いながら、WWEのファーム組織FCWを運営している。


●カール・フォン・ヘス
元海軍のフロッグマン 自称ナチ将軍

ヒットラーの亡霊というギミックで残虐なファイトを繰り出し、観衆の憎悪を買った悪玉ドイツ系レスラー、カール・フォン・ヘス。

1919年、ミシガン州でハンガリー移民の子として生まれ、ネブラスカ州オハマで育ったヘスは、ライフガードと水泳の先生をしていたが、第2次大戦で海軍に入った。
退役後レスラーとなり、様々な地区をサーキット。
1955年、先に同様のギミックを使用していたクルト・フォン・ポッペンハイムに誘われドイツ系悪役に変身、カール・フォン・ヘスと名乗る。
その変身は成功し、ヘスの悪名は全国に鳴り響き、最も憎まれるレスラーの一人となった。
どこに行こうとも大観衆を集めるヘスの悪役人気に眼をつけたビンス・マクマホンに誘われWWWF入を果たす。
以後も様々なプロモーションに登場して活躍を続けた。
日本マットにも一度登場し、腕に彫られた無気味な入れ墨と反則一辺倒の残虐ファイトで強烈な印象を残した。

2009年8月12日、アルツハイマー病のため永眠。