流智美の黄金期プロレス50選 vol.6
鉄人テーズ&野生児ロジャース
税込6,048円(本体価格5,600円)■241分■品番SPD-1317
2006年2月18日発売

プロレス博士 流智美Presents 古の名レスラー達の勇姿が蘇る
グッドオールデイズと呼ばれるアメリカ50年代に活躍した懐かしのレスラーたち。
その勇姿がプロレス博士 流智美の名解説とともに蘇る。

シリーズ最終巻に登場するのは、鉄人、野生児、魔術師…黄金期の立役者トリオ!
スカイロケットと言われたドロップキック、そしてオコーナー・ロールアップと言わた後方回転エビ固めの名手で、マットの魔術師と呼ばれたオコーナー。
足四の字固めの元祖で、容貌、パワー、スピード、テクニック、雰囲気と、プロレスラーに必要なすべてのものを兼ね備えた選手として絶大な人気を誇った“ネイチャーボーイ”ロジャース。
そして不滅の金字塔936連勝を記録するなど、史上最高のレスラーとして数々の記録を残した鉄人テーズ。
後にNWA世界王座に君臨し、プロレス最高峰のベルトを巡って激しい戦いを繰り広げた偉大なる名選手、テーズ、ロジャース、オコーナー。
50年代のプロレス黄金時代を作り上げた3人である。


〈収録試合〉

●1951.1.5
バディ・ロジャースvsサイクロン・アナヤ

●1960.5.27
バディ・ロジャースvsチーフ・ビッグ・ハート

●1953.5.8
パット・オコーナーvsスカイ・ハイ・リー

●1957.9.13
パット・オコーナーvsレッグズ・ラングズビン

●1954.10.22
パット・オコーナー&アントニオ・ロッカvsクラッシャー・リソワスキー&アート・ニールスン

●1952.5.16
パット・オコーナーvsマイティ・アトラス

●1953.1.16
パット・オコーナーvsボブ・オートン

●1954.1.15
パット・オコーナーvsラスプーチン

●1962.2.14
ルー・テーズvsミスター・モト

●1951.1.26
ルー・テーズvsバディ・ロジャース