DRAGON GATE 15th Anniversary
本体税込5,400円(本体価格5,000円)■209分■品番PCBE-12134
2014年9月3日発売
ゼロから築き上げて15年。初心、進化、継続、そして感謝…
これからもドラゴンゲートは新たな歴史を刻み続ける!
1999年の団体旗揚げ(日本逆上陸)から15年の時が経過した。前身の闘龍門JAPANに始まり、現在のドラゴンゲートに至るまで、さまざまなユニットが消えては生まれ、その都度、ぶつかり合ってきた選手たちの強烈な個性や主義主張。
そんな激しく揺れ動くリング上の事件や抗争、名勝負を完全網羅!
これを見れば重みある歴史のすべてがわかる!!
その他、波乱に富んだKING OF GATEや“西の聖地"で開催されたCHAMPION GATE、さらに注目のタイトルマッチも網羅。
伝説のユニット“M2K"の復活を含め数々の名勝負が繰り広げられた2013年の真夏の闘いを完全パッケージ!

【収録内容】

●act.1
メキシコより闘龍門 逆上陸!

1999年1月31日に東京・後楽園ホールにて闘龍門日本逆上陸大会を開催。
正規軍とCRAZY-MAXに二大勢力にM2Kが加わり三つどもえの闘いが本格開戦する。

また、TORYUMON 2000 PROJECT(T2P)が発足し、闘龍門JAPANとの抗争がスタート。
イタリアンコネクションが台頭し、それまでの勢力図が大きく塗り替えられた。

伝説の一戦との呼び声も高い有明コロシアムでのドラゴン・キッドvsダークネス・ドラゴン。
猛威を震う悪冠一色が闘龍門マットを席巻


●act.2
新世紀プロレスDRAGON GATE幕開け!

2004年7月6日、浅草花やしきにて会見。
名称がドラゴンゲートとなり、新たな一歩を踏み出す。

CRAZY-MAXの解散からBlood Generation誕生。Final M2K、DoFIXER、Pos.HEARTSが戦線を彩る。

連戦街道をひた走っていたフロリダブラザーズはキャラ剥奪マッチで敗北。
戸澤塾の開校。
首の負傷により引退を余儀なくされた神田が4年5ヶ月ぶりの復帰。
Bloodから枝分かれする形でマッスルアウトローズが誕生。
これにより、リングは一層、激化の一途を辿る。


●act.3
NEW GENERATION!

CIMAがユニットTyphoonを結成。
強烈な個性のぶつかり合いから短命に終わったNEW HAZARDは空中分解。
のちにREAL HAZARD誕生のきっかけとなる。
土井吉はWORLD-1を結成。鷹木がTyphoon経由でKAMIKAZEを立ち上げ、CIMAトGammaが長い怨執を越えて合体。
WARRIORSへとつながった。
REAL HAZARDはディープ・ドランカーズへと進化。


●act.4
大勢力対決から6軍抗争戦国時代へ

ドラゴンゲート歴史上、稀にみる大陣営による2軍抗争が勃発。

Blood Warriors 対 JUNCTION THREEの開戦。

JUNCTION THREEは瞬く間にすべてのタイトルを手中に納めるも、年末にはBlood Warriorsが逆にコンプリート。
翌年に解散マッチに敗れたJUNCTION THREEが解散を余儀なくされた。

その2軍抗争から一転、ジミーズ、帰ってきたベテラン軍、暁、MAD BLANKEY、WORLD-1 INTERNATIONAL、ウィンドウズと今度は6ユニットによる戦国時代に突入。

その後、ベテラン軍がウィンドウズを吸収合併し、オレたちベテラン軍として出発。

MONSTER EXPRESSの誕生。
さらにミレニアルズが満を持して緊急帰国を果たした。